Corporate profile【㈱TRBXCの詳細情報】
社会貢献事業者様向け無料コンサル支援サービスへリンク
「ホームページ見える化」推進で戦略活用法へ
検索実績及びSEO対策の基本へのリンク


株式会社 トレジャーボックス・コンサルティング HPブランチ






Googleアナリティックス解析へGo
代表者twitterへ
7

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

       
8
     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

2009/10/26 ホームページ初期制作費、更新費用、共に【0円】

当社が提携、推奨している世界最高水準のCMS、ホスティングサービスを利用することで、必要なときに随時更新が可能となり 結果として初期制作費、更新費用、共に【0円】となり、何時でも情報配信ができることで必然的に効果が望めるビジネスホームページの運用をスタートさせることができます。
■CMS、ホスティングサービスの特徴
 1)専門知識不要で誰でも更新・公開・運用ができる基盤ソフトウェア(商品名:積み木)を提供
 2)広範な業種へ対応できる豊富なデザインテンプレートを提供
 3)公開(サイト更新)が容易なホスティングサービスを提供

Ico.bzでサイト作成と公開
Ico.bzでサイト作成と公開

比較対象 ホームページ公開 新聞・チラシ広告
情報収集者利便性
キーワード検索により、無限の情報収集が可能。商品、製品、サービス内容、対価比較など総合的な比較が可能
必要とする情報入手は偶然的要素大、比較が難しい
情報配信者利便性
新商品・製品・サービス、求人情報や社内報など必要な時に随時配信が可能
随時広告業者へ依頼など情報配信手続きが必要
情報配信者コスト
自社で更新ができることでコスト【0円】
広告業者へ依頼することでコスト発生【?】
ホームページ公開と新聞・チラシ広告の比較
ホームページを有効に機能させるためのポイント
⇒商品・製品、サービス内容、料金などは必至が効果大。
  ⇒情報収集者の料金だけでの比較を回避。
⇒既存顧客への情報配信は非常に効果的、顧客の信頼を獲得。
⇒問合せ、資料請求へのフォローは万全に、未来を拓く




2009/10/22 会計事務所だから成し得る顧問先企業の成長ビジネスモデル支援

  技術革新の波が押し寄せ、従前、個人ユース目的で開発されたパソコンが個人、企業を問わず普
 及し、一人一台が当たり前の時代となっています。
 さらにパソコンを活用したインターネットも規模、業種を問わず企業に情報の収集、配信ツールとして
 普及・定着し今ではビジネスモデルに必須のものとなりました。
  景気循環の好不況にも左右されることなく順調に業績を伸ばしている企業もあります。これらに共通
 して言えることはインターネット上にホームページを公開、情報の収集、配信へ積極的に取り組んで
 いるという統計も明確に出ています。
  新製品、セミナー、展示会開催などの情報配信を通じて集客効果を発揮する、はたまた社内連絡ツールとして活用するなど仕組みを確立することが安価なコストで多大な利益を創出するものと考えます。  

会計事務所コア・ネットワーク
会計事務所コア・ネットワーク

  会計事務所と顧問先の関係は継続顧問契約に基づくパートナーシップ関係にあるとの認識を持つ顧問先企業は多いものと思われます。
 事実、会計事務所が顧問先企業のコアとの位置付けを認識し時流のなかで自身もIT化の必要性を感じ、顧問先企業を含め積極的に会計事務所コアネットワークに取り組んでおられるケースも最近は多くなってきました。これらケースでは顧問先企業の会計事務所への信頼は高く、満足感を感じているようです。
図は顧問先企業同士がWeb上(ホームページリンク)で互いに業種を超え連携、その中核(コア)に会計事務所を位置づけた会計事務所コアネットワークのイメージです。
これを実現できるのはまさに継続パートナーとしての会計事務所でしか成し得ないものと考えられます。
⇒会計事務所だから成し得る顧問先企業の成長ビジネスモデル支援策ではないでしょうか?

ホームページの最良の構築・運用法


◇ビジネスにホームページは必須  ホームページは機能していますか?◇
■機能しないホームページの主な原因
⇒業者依頼で構築、技術は確かだが、目的が不明瞭、これでは効果は望めません。
■解決策
⇒業者に頼らず構築目的に合致したホームページを制作・更新、運用も必要なときに随時更新、情報配信できることが重要な要素となります
■ 活用法は七変化
 ホームページの活用法は様々、社内公開、外部公開、限定公開、目的により様々。仕組みを構築することが肝要です。
⇒ある時は販促ツール、ある時は集客ツール、ある時は顧客管理ツール、ある時は社内報など。
■活用例-販売促進ツール
⇒既存顧客への情報配信は非常に効果的、ユーザの信頼を獲得
⇒問合せ、資料請求へのフォローは万全に、未来を拓く
◇導入で検討すべき要素◇
■業者選定が最重要
⇒専門知識不要で誰でも更新・公開、運用ができる基盤ソフトウェア提供業者
⇒広範な業種へ対応できる豊富なデザインテンプレートを整備している業者
⇒公開(サイト更新)が容易であるホスティングサービス提供業者
※上記を満たせば初期制作費用、更新費用は0円となり、何時でも情報配信ができることで必然的に効果が望めるのではないでしょうか。
◇ホームページは年中無休、24時間稼動ロボット◇
⇒既にホームページを構築運用のお客様もブランチ独自のホームページを構築、相互リンクで相乗効果を発揮するのも効果的です。

                                 株式会社 トレジャーボックス・コンサルティング
                                   〒192-0373 東京都八王子市上柚木3-3-7-202
                                                     TEL : 042-678-2635
                                                     FAX : 042-670-9790
                                            URL : http://www.trbxc.ico.bz/
.